登場人物紹介

ユイさん
yui-考える・疑問
これまでのカミソリのセルフ脱毛から卒業して、生まれて初めて通う脱毛エステかサロンをどうやって決めれば良いか悩んでる初心者。
ミナコさん
minako-解説
ユイさんの先輩の現役脱毛エステティシャン。日本エステティック協会の各種認定資格を有し、脱毛の知識だけでなくスキンケア関連の知識も豊富。


yui-分かりません

そう言えば色々な脱毛エステサロンで紹介されている脱毛方式というのが、正直、良く分からないんですよね…

minako-考える

確かに初めて脱毛エステサロンを選ぶ人にとっては、それぞれの意味は分かりにくいかもね~
ユイちゃんが見た中で、どんな脱毛方式があったの?

yui-ふむふむ

例えば、ミュゼプラチナム脱毛ラボS.S.C.方式とかエステティックTBCならTBCライト脱毛ジェイエステティック冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛とか、他にも光脱毛やフラッシュ脱毛と書いてある脱毛エステサロンがありましたね。

minako-つまりね

まぁ、実際はそれぞれの脱毛エステサロンが、各々の名前で脱毛方式を決めているんだけど、基本的なムダ毛を脱毛する原理は、ユイちゃんが言ったどの脱毛エステサロンの方式でも、ほぼ同じなのよね。

yui-驚く

えっ!そうなんですか?
それぞれ全く違う文言だから、自分の肌に合う方法を探すのは大変なのかな?と思ってましたよ!

ムダ毛の毛根にダメージを与える脱毛器のIPL光

minako-解説

まず、脱毛エステサロンでエステティシャンが脱毛器を使って施術するのは、図の2番目のIPL光照射の部分になるんだけど、これはユイちゃんが言った脱毛方式ではみんな同じなの。

脱毛エステでのIPL光施術

yui-ふむふむ

なるほどですね~ムダ毛は施術から2週間位で抜けていくんですね!
メラニン色素って、紫外線を浴びた肌を日焼け肌にしたり、美白ケアの大敵であるシミやくすみを作り出す色素と聴いたことがありますね~

minako-つまりね

そうそう!
それでね、屋外に白い車と黒い車を停めてると、黒い車の方が暑いように光は色素の濃い物に集中するの。その特性を活かして瞬間的に60~80℃になるIPL光でムダ毛の毛根部のメラニン色素にダメージを与えて脱毛するの。それでフラッシュ式脱毛とか光脱毛とも言われるのね。

yui-納得

なるほどですね!脱毛エステサロンに通えない人のお話でもあったように、肌の色素が濃い状態の日焼けやタトゥーの肌はIPL光での肌への負担が大きくなるから、脱毛エステサロンではお断りしてるんですね!

minako-OK

うん、その通り!
でもね、お肌の色が濃い状態でもどうしても脱毛したいなら、ムダ毛の1本ずつに電気を流すエステティックTBCTBCスーパー脱毛か毛根のメラニン色素にダメージを与えないハイパースキン法で施術するディオーネに相談すると良いわよ!

yui-考える・疑問

ところで、さっきからミナコさんが言われている、脱毛エステサロンの脱毛器が照射するIPL光って、どんな光なんですか?

minako-つまりね

Intense Pulsed Light(インテンス・パルス・ライト)の頭文字を取ってIPL光と言ってるんだけど、もともとは、さっきユイちゃんが言っていた美白ケアも含んだフェイシャル(美顔)関係のエステサロンでは、一般的に使われていたのよ。

顔脱毛とも相性が良いIPL光のフェイシャル効果

yui-納得

と、言うことは、IPL光ってここ最近の新しい技術じゃなくて、人のお肌には、すでにフェイシャル(美顔)関係のエステサロンで使われている実績のある技術でもあるんですね!

minako-考える

そうなの!そして、フェイシャル関係のエステサロンで使われているのは、ユイちゃんが言ってたメラニン色素の分解や、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分を豊富に含んだ、新しい肌細胞に再生する肌のターンオーバーを促進させるためなの。

yui-笑う

じゃあ、IPL光で顔の産毛脱毛をするとメラニン色素を分解する美白ケア、コラーゲンやヒアルロン酸で肌のハリ・ツヤを出すエイジングケアの効果も期待できそうですね!

minako-笑う

うん、元々がフェイシャルエステで使われてたIPL光を、ムダ毛の毛根にダメージを与えるように出力調整したのが、脱毛エステサロンでエステティシャンが使う脱毛器なのね。

yui-質問

そう言えば、家庭用脱毛器のケノンを持ってる友達が、脱毛ケアだけでなくフェイシャルケアもできると言ってたんですけど、それも同じ理屈なんですか?

minako-考える

そうそう!わたし達が業務用で使っているのと出力は違うけどケノンもIPL光での脱毛で、脱毛効果のカードリッジだけでなく、フェイシャル効果のカードリッジがあるという点では、さっきの話と同じ理屈ね。

家庭用脱毛器のフェイシャル(美顔)効果

各脱毛エステサロンの脱毛方式の違い

yui-考える・疑問

脱毛エステサロンでエステティシャンさんが使われてる脱毛器の基本的な部分は大体分かったんですが、それぞれの脱毛方式の違いにはどんなことがあるんですか?

minako-つまりね

そうね~
ユイちゃんが言ってたミュゼプラチナムや脱毛ラボが採用しているS.S.C(Smooth Skin Control:スムース・スキン・コントロール)方式は、IPL光照射前の肌に制毛成分や保湿成分が配合のジェルを塗るの。

yui-質問

ジェルを塗る目的って、他にも肌に負担がないように痛みを感じにくくする効果なんかも含まれているんですか?

minako-考える

うん、痛みの感じ方には個人差があるけど、S.S.C方式でジェルを塗る理由は、肌保護&保湿と制毛が目的なの。ジェルを塗るという点ではエステティックTBCのTBCライト脱毛も同じね。そして全体的に施術前の肌にジェルを塗る脱毛エステサロンの方が多いような気がするかな。

yui-納得

なるほどですね~
あと、ジェイエステティックの冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛ですね。

minako-つまりね

ジェイエステティックはね、まず、IPL光の脱毛は瞬間的に60~80℃の熱をムダ毛の毛根に与えるけど、ジェイエステティックが独自開発した脱毛器は、IPL光照射と同時にお肌を冷却するの。

yui-驚く

あっ!
そこが、冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛の「冷光」の部分で、肌が熱さを感じないよう、すぐに冷やすということですね。

minako-考える

そして、施術後の肌をジェイエステティックが展開している、フェイシャルエステでも使われているヒアルロン酸でトリートメントするの。それで、冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛と言ってるのね。

yui-笑う

結論としては、基本的にほとんどの脱毛エステサロンでは、ムダ毛の毛根に脱毛器のIPL光を照射する所は同じだけど、あとは、それぞれの店舗でお肌に対する色々な工夫がされてて、それが、脱毛エステサロンごとの脱毛方式の違いになってる訳ですね!

minako-OK

うん、そういうことね!
じゃあ次は、「脱毛エステサロンの無料カウンセリングに行く前の準備」やカウンセリングでは、どんな話があるかなんかを説明するね!